B'z ファンの旅ブログ M/I(エム☆アイ)

大好きなB'zのライブで各地を周れたらと考え、2008年より地方遠征をスタート☆『LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-』では参戦と音漏れを含めホール&ドーム共にマイカーの178号で遠征し、全公演を巡る旅を達成しました!※基本的には“旅ブログ”なのでそちらの内容がメインとなります。大きな写真で日本各地の素晴らしい景色をお届けしたいので、ぜひPCの大きな画面でご覧頂ければと思います。

MC

稲葉浩志 enⅢ 旅レポ⑤『※ネタバレ含む』サンドーム福井

enⅢツアー3ヶ所目となるのは福井県の鯖江市!

サンドームはB'zのツアーでも過去に何度も使われているお馴染みの会場となりますが、
今年も鯖を食べに・・ではなく、LIVE参戦の為に車で北陸へと向かいました。

今回の道中は一人で運転していて写真をあまり撮れなかったので、
ブラザーさんに頂いた写真を使わせてもらいます☆

雪が残った山の景色がとても綺麗でしたよ!
IMG_2149















去年のEPICに引き続き、またやってきましたね!

この会場は何度見ても変な形・・
いつか稲葉さんもMCで印象深い会場だって言ってたっけな~
IMG_2080



















到着して早々ブラザーさんと偶然会えました!
彼女は今年の遠征地でたまたますれ違う事が多いんだけど、早速1枚頂きます☆

撮るのも撮られるのも最近はこんな後ろ姿の写真がマイブームになってたとこに、
何も注文してなくても自らこのポーズをしてくれました。

ボカシも入れなくていい分、自然な感じがいいですよね!
この先こんな写真が増えていくかと思いますが・・

希望される方は各会場限定5名で記念撮影をさせて頂きますので、
早朝5時に配る整理券をお求めの上ガチャ前に集合してください(笑) ←※嘘です!
IMG_2077


































その後に会ったブラザーさんからはコレもらった☆
これは去年のEPICでも他の方から頂いた、幻のレインボーラムネではないか!

申し込んだ後に抽選で当たった人しか貰えない貴重な物なのに、
一度も申し込んですらいない自分が何度も頂いてしまってスミマセン・・

でもこれだけでは終わらなかった・・ ※詳しくはのちほど
IMG_2138



















ラムネの相方さんからも、写真の提供をして頂きました☆

女性らしくこんな綺麗にネイルされてますが・・
普段はこの手でハンドルを握り、愛車でサーキットを疾走しているカッコイイお姉さん!

びーず旅をしているだけで最近は野球や車好きの人達と話せる機会も増えてきたし、
これは自分にとっては凄く嬉しい事です。
IMG_2083



















今年のガチャ運がどうも今一つなので、いつもの儀式は宮城からあえて自粛していますが・・
負のパワーをブラザーさん達に振りまいてしまうのは申し訳ないですからね。

それでこの日は自力で4回やったんだけど、何とその内2つが限定ミニサインプレート☆
今ツアー初の自力GETで、ようやくスタートを切れた気がします(笑)

残りもリスバンとか当たりを引いて大満足!
IMG_2081



















で結局そのプレートもリスバンも、最終的にはチャーム付きブレスに変わってたけど☆

福井でも相変わらず“ヒモ”を探し求めているお姉さま方達が、たくさんおられました(笑)
男性の方々はまだまだチャンス!! (←だから意味がちがうwww)
IMG_2143



















この日は会場に着いたのがゆっくりめだったので、
あっという間に開場の時間も迫ってきてしまいました。

急いでツアトラの写真だけ撮って、早めにサンドームの中へと移動します!

冬の福井はかなり寒さが厳しいですからね・・
あったかい会場内へと急いで避難!!
IMG_2095



















入場する直前に空を見上げたらこんな景色が広がっていたので、
ゲートをくぐる前に撮影してみました☆

画面を確認しないで勘でシャッター押した時って、
案外いい感じで撮れてたりするのも多くて後でビックリします!
2016-02-01_155451



















場内で席を確認すると・・、スタンド最上段!
去年のEPICでは立見エリアで観てたけど、位置的にはほぼ変わりませんね(笑)

ただ嫌な訳ではなくてサンドームは見やすくてステージ全体の構成が良く把握できるので、
自分的にはここのスタンドから観る景色はむしろめっちゃ好きだったりします!
2016-02-01_130700























それではenⅢが始まって3度目のステージ☆ 以下、本編の内容をどうぞ↓









オープニングSE:Wildfire- Michael Martin Murphey

1.Saturday
2.oh my love
3.Okay

稲:『こんばんわ~!みなさん元気でしたか~?久しぶりに福井までやってまいりました~!今日も体の芯からあったくなれるように余すところなくお届けしていきたいと思っておりますので、どうぞ最後までよろしくお願い致しま~す』

4.不死鳥 まさかの4曲目変更でコレが来るとは!!

稲:“♪ Woman~ Oh~ Woman~

悩ましくアレンジされたイントロが演奏される中、サングラスをフキフキして装着!
その後はステージ先端に設置された小型のハンディカメラを握り自分の顔に向ける。

クネクネさせながら自分の顔を超どアップで自撮り(笑) 

5.くちびる

6.水平線

稲:『ありがとうございま~す!え~このツアーもこのあいだから始まったんですけれども・・、それと同時にですね、この日本にも寒波が訪れまして・・』
会場:笑笑笑
稲:『今日もこの会場にやって来てですね、楽屋入りしたんですけれども・・。部屋もめちゃくちゃ寒かったんですよ!それで部屋中のありとあらゆる暖房器具をフル稼働させたらですね、何とブレーカーが落ちてしまいまして・・。でもその後はスタッフの迅速な対応ですぐに戻ったんですけどもね。まぁ皆さんも電気の使い過ぎにはくれぐれも気を付けて下さい・・』
会場:大爆笑
稲:『なんかあんまり喋ってばかりいるとまた寒くなってきてしまうので、そろそろ歌いたいと思います・・』
会場:『エエ~ッ・・・』
稲:『本当は寒さ対策の話をしようと思ってたんですけどね・・。次いきます!』


7.I AM YOUR BABY

8.念書

稲:『ありがとうございまーす!後ろの方までちゃんと聴こえてますかー?』
会場:『イエ~ィ!!』
稲:『え~この福井にはですね、なんだかんだで結構来てると思うんですけれども・・。ソロで来るのは今回が初めてという事になりますね!ん~、福井といえばそうですね・・。特別な思い出は特に・・・・・』
会場:笑笑笑
稲:『そうそう!僕はオートバイに乗ってるんですけれども、大型免許を取りに行ってる時に写真週刊誌に撮られてしまいまして・・』
会場:『見たよ~(笑)』
稲:『その時にですね、ジーンズの中にソックスをこうやって・・・』

↑もはやジーンズの中にソックスと言いたいのか、
ソックスの中にジーンズなのか言ってる事が意味不明(笑)

こんな感じの恰好で台の上に足を置いて頑張って説明しようとするが、
やっぱり聞いてる方はよくわからない・・???
2016-02-01_125648



 

















稲:『ゼッケンとかも付けてたりして、その時に撮られてしまった写真が非常にカッコ悪いものでして・・。できる事なら今からでもやり直したいぐらいなんですけれども・・。まっ、検索したら出てきますよ!』

コレですね・・
page





















稲:『いや、そんなこたぁどうでもいいんですよっ!それでその後に初めてオートバイを買ったお店の人が福井県出身の方でして。いわゆる“ヤンチャ”な感じの人達でしたね・・。なので福井の人のイメージはというと、それです!!』
 

9.今宵キミト
10.ハズムセカイ
11.Seno de Revolution

稲(朗読):『町外れにあるの小さな美術館・・ 君は僕の手を引きグイッと??へ導いた・・ 夢のようなキス・・ 全てがとろけてしまうようなキス・・ いつかみんなに夜が来て・・ そしてどこかへ帰っていく・・』

※覚えてる部分だけでもう少し長いです

いきなり朗読のテープ?が流れて戸惑う(笑)
初日の山梨では会場内がざわめいて笑いが起こっていたが、
その後に登場した稲葉さんは真剣な表情で歌い出したので・・

ここは笑ってはいけないところなんだ・・、という妙な空気も流れていた。
今はお客さんにも浸透してきたのか、宮城と福井では笑いは起こらず。


12.BLEED
13.水路
14.Symphony #9


【メンバー紹介】

Duran[Guitar]
稲:『それいいですねっ!(←被ってるフードを手で表現しながら)似合ってますよ!』


大島こうすけ[Keyboards]
稲:『さっき楽屋で思いっきり気合いを入れながら刈り上げしてるのを見てしまいました・・』

SATOKO[Drums]
稲:『この小さな体からは想像ができない、とてつもなく巨大なパワーを生み出してくれます!』
※毎回同じ感じの紹介・・

Corey McCormick[Bass]
稲:『彼は日本に来たら、是非とも雪をたくさん見たいと言ってたんですが・・。もうその願い通りに夢が叶っております!』

JUON[Guitar]
稲:『彼の声はですね、僕の更に上をハモってくれてとても頼もしい存在です!』
※こちらも毎回同じような感じで・・


JUON:『ヘイ、福井!楽しんでるか~いっ!!』

この掛け声と共にReceive Youの重低音が鳴り響く!
ビジョンには↓の画像と同時に炎が燃え盛る映像が映し出されてカッコイイ!!
2016-02-03_193152










15.Receive You [Reborn]
16.SAIHATE HOTEL
17.正面衝突
18.Here I am!!

稲:『福井~!もう満足ですか?もう~お腹いっぱいですか??そんなもんですか福井~!!!まだやりますか?まだまだイケますか??それではここからは一緒に、羽ばたいてみようじゃありませんか~!!!』

19.羽


【アンコール】

稲:『さっきは寒い真冬のライブだなんて言ってましたけど・・・、全然そんな事はありませんでした!』

20.風船
21.遠くまで
22.
CHAIN ⇒3度目の参戦で初めて当たった

稲:『こんな寒い冬に、真夏のライブをさせてもらえた事に感謝します!今日は本当にありがとうございましたぁ~!!』

メンバーみんな整列して・・

稲:『はい、礼!!m(__)m』


エンディングSE:未発表曲

稲:“♪あなた無しで~ あなた無しで~” (←ココしか覚えてない・・)2016-02-01_125733




















さすがに3ヶ所連続で参戦すると、ステージの流れもだいぶ体に染み込んできてますね~
要所だけまとめるつもりが、どんどんその光景がよみがえって長くなってしまった・・




SS席なのに最後列だったといういいのか悪いのか微妙だったブラザーさんは、
ステージ終了後に泣いてました・・

まぁ、いろんな感情が入り混じっていたんでしょう・・。 お疲れ!

IMG_2118



















ここの駐車場はどうせいつもすぐには退場できないので、
ある程度動き出すまでは会場前で時間を潰す事にしています。

歩道にも積み上げられた雪がまだ残ってますね☆

IMG_2119



















今年のサンドーム公演も無事に終了~
参戦した皆さんお疲れさまでした!

IMG_2116



















レインボーラムネさん(笑)は訳あってレンタカーで来られてましたが、
自分の178号と兄弟だというので駐車場まで見に行ってみた!

できれば2台並べて撮りたかったんですけどね・・

page (2)





















そのレンタカーのトランクを開けたら、中には何やら大きなダンボールが・・
IMG_2121



















卸問屋か(笑) こんな大量に積まれたレインボーラムネ☆
実際にこの目で見る事ができたのは貴重な経験だったかも?

会場に着いてからわざわざ子袋に分けてくれてたみたいで・・
ありがとうございます!
IMG_2120



















日帰り組みも多かったのでお見送りした後は、お泊り組の夕食会に急遽お邪魔させてもらいます。
まぐろチーズカツのタルタルソース掛け☆ これ美味しかった!
IMG_2130



















初めましての方もおられたんですが、遠征しまくってる人達も多いので・・
やっぱり何となく顔は見覚えある人が多いんですよね~

やっぱり全国の会場ですれ違ってたり、知らない間に話してる人も多いみたいです・・
IMG_2132




















鶏塩葱ラーメンも¥400と激安なのに美味かった☆
IMG_2133



















遅く行った事もあって福井でのミーグリはそんなに多くはなかったけど、
写真撮ってない方も含めてお会いした皆さんARIGATOございました☆
page





















今年は各地で9人(種類)の“ヒモ”に囲われる事を目標に宮城から頑張り始めましたが、
なんだかんだで気付いたら9種類中7種類まで揃ってた☆

残り2つだったら、もう9種の完全コンプ目指すしかないですよね!
夢の“ヒモ生活”まであと少し(笑)
IMG_2146



















この日も楽しい時間を過ごせたけど、やっぱりレインボーラムネのインパクトが強すぎて・・
最初にもらった子袋に加えて、結局750gの大袋まで追加で貰っちゃった!
IMG_2141



















この翌日はび~図鑑を求めて178号で福井旅を楽しんできたので、
その様子をオマケ記事としてちょこっとお伝えしたいと思います!











B'z EPIC NIGHT 旅レポ⑳『946ベイベー!』釧路市民文化会館

北の大地の東の果て釧路という遠い街までやってきて、ついに参戦日当日を迎えました!
グッズの販売開始時間に合わせて行ってみると、前日にはなかったツアトラも無事に到着していた。

とりあえずは一安心したけど、しかし相変わらず人の姿はあまり見えません・・
IMG_2976



















ロビーのモニターにはちゃんと予定が表示されているので、開催される事は間違いないみたい・・
ちょうど本番中に、隣の練習室でフラダンスやってんのも面白いですね(笑)
IMG_2986



















グッズ売り場とガチャは、ロビーから2階に上がった小さな部屋にまとめられていました☆
とりあえずやる事やって、さっさとプレッシャーから解放されましょうか!
IMG_2994



















小さい会場に行くとガチャ機も6台とかになるので、逆に絞りやすいから好きだ!
幸先良く北海道の1発目もGETし、いいスタートがきれました☆
IMG_2967



















バーミリオンカードで素早くプレートも入手し、この日の任務も完了です☆
あとは中で楽しむのみ!
IMG_2988



















ロビーに置いてあったプレゼントBOXは・・・カ、カゴですか?!
これ見ただけでも田舎の会場だな~って感じがして、ほのぼのと和みます(笑)
page (17)





















開演まであと2時間と迫っても、会場前はこの通りのんびりムード☆

中のロビーにはそこそこ人がいるんだけど・・
ここだけ見たらとてもライブ当日の光景とは思えない。
IMG_2979



















ここはちょうどプレートを置いて撮影する事ができたので、
綺麗な夕陽をバックに会館を入れて撮ってみました☆
IMG_2997



















人も少ないけどトイレの数も少ない分並んでいたので、近くのスーパーまで行ったら・・
その途中でたまたま“暁通”というのを発見!

“東の空を朱く焼いて~♪”という歌詞にピッタリの状況でした☆
IMG_3001



















会場に戻ったら裏手に伸びる入場列へと並びます!
前日下見していたあの狭いゲートを通過して、渡された座席は2階席だった・・

でも1階との区切りは狭い通路のみなので、実質1階と変わらない。
しかも公民館だけあって、ステージとの距離もかなり近い!!
IMG_3003



















下関のSHOWCASE以降はずっとアリーナ参戦が続きその状況に慣れていたので、
セットが組まれていないシンプルなステージを見て一気にテンションMAX!

アリーナでの習慣が身についてしまっていたのは稲葉さんも同じだったみたいで・・

稲:『こんばんわ~!久しぶりにここ釧路に帰ってまいりました~!』
客:『イエーィ!!』
稲:『釧路って何年振りだっけ?7年??7年前もここに居たよ!って人っていますか?』


手を挙げた人を見ながらうなずく稲葉さん・・

『今日はエピックナイトと言う事でですね・・、ア、アレッ??』

後ろに掲げてあるEPIC NIGHTの文字を見る為に振り返って指を差そうとしたら、
セットが組まれてないので当然何もありません(笑)

『いやね、ここにちゃんと飾ってある時もあるんですよっ!習慣っていうのは恐ろしいですね・・』

恥ずかしそうにごまかす稲葉さんが面白かったです。


【稲葉さんMC】

稲:『いよいよ世間はGWというものに突入した訳ですが、皆さんはこのライブ以外にも何か予定とかってあるんですか?』

客:『ある~!!』
客:『ない~・・・』
客:『B'zだけ~!!』

稲:『そうですか!皆さんもそれぞれに予定はあるかと思いますが・・。我々B'zはですね、今年のGWはこの北海道で過ごすという事が既に決定しております!!』

客:大歓声!!

稲:『ですので後になって振り返った時に、2015年のGWはB'zのライブが一番楽しかったな!と思って頂けるようにこの後も精一杯お届けしていきたいと思いますので、どうか最後までじっくりと楽しんでいって下さ~い!!』

こんな感じで、北海道のファンにはたまらない事も言っちゃってくれてました!
2015-05-27_144348














【TAK MC】

稲:『もう最初からいっちゃいますよ!onギター、TAK松本~!!』

TAK:『こんばんわ~!昨日この釧路へとやって来てですね、空港から夜の街にそのまま繰り出したんですけど・・。本当に素晴らしいところですよね!!』


道東最大の歓楽街である栄町は、いかにもTAKが大好きそうな酒場街なのである。

TAK:『今夜はEPIC NIGHTと言う事で最高の上!絶頂の上を目指してですね・・』

稲:『いや、それ俺が言ったのと同じだから!!』

TAK:『何だよ~!せっかく言ってんのに突っ込むなよぉ~』


こんな2人の掛け合いも見れて、なかなか楽しかったです。


演奏の方は音だけで勝負してくるバンドのカッコよさに久々に触れる事ができ、
一体感のある狭いハコLIVEの素晴らしさにも改めて感動!

アンコール前のウェーブも、端から端まで10秒もかからずにすぐに到達するんだけど・・
それだけ狭いって事がこれでわかると思います。

楽しかった2時間のLIVEもあっと言う間に終了~
外へ出て来た時は澄んだ夜空に浮かぶ月がとても綺麗だった☆
IMG_3009



















後で聞いたんだけど、「とくダネ!」の小倉智昭さんも参戦してたらしいですね!
まさか釧路まで来てると思わなかったし、傍に居たのかと思うとビックリでした・・

タクシーに乗り込みTAKも空港から直行したという栄町へと移動!
今まで見た事もないような釧路の海の幸を、いっぱい堪能してきました☆
page (18)





















楽しいLIVEに美味しい食事と、心ゆくまで北の大地を大満喫!
ビーパで釧路チケが当たった事が本当に良かったな!と、幸せを噛みしめてきた。

この翌日は残された釧路での時間を、一人でのんびりと過ごして来ました。